最新のブラウザをご利用ください。

現在お使いのバージョンの Internet Explorer はまもなくサポートされなくなります。サポートされないブラウザでは、一部の機能が正常に動作しない可能性があります。最新のブラウザにアップグレードして下さい。

  • Google Chrome

  • Firefox

  • Safari

  • Internet Explorer 11+

小児歯科

保育士在籍のキッズ専用待合室、専用個室診療スペースあります。

次の時代を担っていく子どもたちの歯を削ったり抜いたりすることをせず、銀歯のない未来をプレゼントしたい。むし歯が出来てから行くというのではなく、むし歯になる前に来てもらう「むし歯予防の為の歯医者」という新しいコンセプトのもと、「あい歯科・小児歯科」を開院いたしました。

お子さんをどちらにしてあげたいですか?

まずは親御さんに虫歯がない状態にならない限り、お子さんは必ず虫歯になります。きちんと「予防」しなければ、20~30年後のお子さんのお口の中の様子は、今の親御さんの状態になります。つまり、親御さんの今のお口の中が、将来のお子さんのお口の中、ということです。… 今、親御さんのお口の中に銀歯は何本ありますか?

親と子どものお口の中

実は生まれたばかりの赤ちゃんにはむし歯の原因菌(ミュータンス)はいません。では、なぜむし歯菌に感染してむし歯ができてしまうのか?それは ご家族からの感染です。
むし歯の原因菌(ミュータンス)がお口の中に感染するのが、1才半~3才の間ですから、お子様のむし歯の予防と同時にご家族の歯のケアをしないと、感染を抑えることができません。つまり、お子さんだけ頑張ってむし歯予防しても、せっかくの努力はムダになってしまう可能性があります。


むし歯とは特殊な病気です。

周りの大人から菌がうつる"感染症"であり、日々の習慣が原因で起こる"生活習慣病"であり、それらに体質・遺伝的な原因が加わり発症します。だ液、歯の固さ、歯ぐきの状態、歯並び、舌癖、口呼吸など、単に歯みがきだけでは予防できないのが むし歯という「病気」です。

しかし一その方で、なぜ私たち歯科医師や歯科衛生士は虫歯や歯周病にならないでしょうか?答えは、私たちが予防する方法を知っているからです。医院でその方法をお教えします。一緒に子どものむし歯を予防していきましょう♪

あい歯科キッズクラブのご案内

キッズクラブってなあに?

あい歯科キッズクラブは、子供たちが自ら進んで虫歯予防をし、歯医者さんに通おうと思う、ワクワク・うきうき楽しい体験型クラブです。0歳から親子で虫歯ゼロを目指しましょう!キッズクラブってどんな人が入れるの?

うれしい会員特典もたくさん!
  • 予防バッグセットが会員価格でご購入できます!
  • 毎回ガチャガチャができます!
  • スタンプカードのポイントに応じて、一部ケアグッズが割引価格で購入できます!
『予防バッグ』をもってあい歯科に行こう!
予防バッグの中身は何が入っているの?

当院の小児歯科の特徴

当院の小児歯科は「むし歯予防」を前提としています。そのため、必ず唾液検査(虫歯のリスク検査)を受けて頂きます。

むし歯のリスク検査はコチラ

※「あい歯科キッズクラブ」入会のお子さんは、初回無料です。また、お子さんの治療を希望される親御さんも必ず次回以降に、むし歯チェックのための診察を受けて頂きます。

当院の小児歯科は予防歯科を前提とした完全予約制の歯科医院です。

お急ぎの方へ

前もってお約束をしている方のお時間を大切にさせていただいております。また、連日予約で大変込み合っておりますので、初めての方でお痛みが酷くお急ぎの方の緊急の診療や、「取れた」「欠けた」場合でも緊急性が低い場合、状況により当日診療のご希望にお応えできない場合もございます。
普段、通院されている方の治療を優先するためだけでなく初めての方にもご迷惑をおかけしないための対応です。大変恐縮ですが何卒ご理解・ご協力の程、お願いいたします。

小児歯科の治療の流れ

歯医者さんでの最初の体験が、その後の一生を決めてしまうことも・・・

子供の時に歯医者で押さえつけられたり痛い治療を無理に受けさせられたりすると、それがトラウマになって、大人になっても適切なメンテナンスを受けないようになってしまいます。

そのため、当院ではお子さまの治療(特に初回の治療)をする際は、丁寧に慎重に接して、まずはユニットに座る、治療器具に慣れる、お口の中をお掃除する……と、少しずつ慣れていってもらうにしています。そして、きちんと治療を進めることができた後、歯医者さんは楽しいところ、行きたくなるところ、という認識を持ってもらえるようにしています。

一方で、相手が子供であっても、歯のことについてはきちんと説明をして、早い時期から自分のお口の中の健康に意識を持ってもらうことを目指しています。

キッズスペースやスタッフのケアで、小さな子でも通いやすくなっています

当院には、お子さまが遊べる専用キッズスペースがあり、保育士がお子さまを見させて頂くことも可能です。
専用待合室・診療スペースのため、親御さんも他の成人患者さんの目を気にすることなく診療を受けることが出来ます。多少、泣いてしまっても大丈夫。無理やり押さえて治療することはありません。

まずは、一度来てみませんか?
優しいスタッフと保育士がお待ちしております。
もちろん、先生だって優しいです。

小さなお子さまをお連れの方で保育士の無料託児希望の際は、ご予約頂く際にその旨をお伝えください。

子育て中のママ・パパの治療もサポートします

子育て中の親御さんが安心して治療が受けられるように治療中はキッズルームでお子様もお預かりしております。

いつもいつも、お子さんの子育てに精一杯でご自分の歯のことは後回し、「子供を預けられないから」という理由で、どうしても歯科医院に通えない方が多いようです。保育士が常駐しておりますので、小さなお子様連れのパパ・ママも安心です。

虫歯のリスク検査について

だ液を検査で、むし歯になる原因を調べて、データを分析・管理することでお子さま一人ひとりに適した管理プログラムをご提示いたします。「むし歯の原因」を知ることでむし歯になる確率は80%以上も減ります。

今までむし歯を繰り返していた方は、個人にあった予防法を知らなかっただけなのです。この簡単な検査だけで、お子さまの将来のむし歯リスクが分かります。「あい歯科キッズクラブ」にご入会の方は、初回無料にて、だ液検査をお受けいただけます。

生まれてくる赤ちゃんのために、-1歳からの虫歯予防しませんか?

生まれたばかりの赤ちゃんには、虫歯はいません。

最もお子さんと接するのは誰かと思い浮かべてもらえれば、分かってもらえると思います。
最も可能性が高いのはママさん、その次にご家族の方なのです。そのため、ママさんの口をきれいな状態を維持し、家族からの感染を注意することが、お子さんの虫歯菌の感染を抑えることに繋がるのです。


では、いつごろ感染するのでしょうか?

歯がある程度生えてから、特に1歳半から3歳までの期間に感染することが多いと言われています。


では、なぜ子供に虫歯が出来るのでしょうか?
そして、誰から、虫歯菌は感染するのでしょうか?

最もお子さんと接するのは誰かと思い浮かべてもらえれば、分かってもらえると思います。最も可能性が高いのはママさん、その次にご家族の方なのです。

そのため、ママさんの口をきれいな状態を維持し、家族からの感染を注意することが、お子さんの虫歯菌の感染を抑えることに繋がるのです。


また妊娠中はママさんのホルモンバランスが崩れ歯周炎になりやすくなります。

それは妊娠性歯周炎と呼ばれ、陣痛を起こすプロスタグランジンという生理活性物質を産生し、早産、低体重児出産のリスクを高めます。では、どのくらいかと言えば、歯周病は早産や低体重児出産のリスクが、7倍になるといわれています。これはたばこの〇〇に関するリスクと同じくらいのなのです。

そのため、お子さんのためにご自身の歯周病予防をすることが、大きな価値を持つのです。また出産後当分は、お子さんにかかりきりになるため、なかなか歯科医院へ通うなどの外出が難しくなります。ある程度たった後も、家族の協力がなければ難しくなるため、出産前にきれいな状態にしておくことが、大切になります。


出産後当分は、子育てが大変かと思いますが、ご自身できれいな状態を維持できるよう歯磨きをしっかりしていただけると良いかと思います。そのことがご自身、お子さん両方の、虫歯、歯周病予防につながります。

お子さんの歯に関してはコチラ

妊娠初期は、歯とお口のトラブルが増えやすい時期

妊娠により、女性ホルモンが増えることで口の中の状態は大きく変化します。口の中を正常に保つ唾液の分泌が低下してしまい、トラブルになりやすい時期です。妊娠中でも治療は受けられますが、初期はつわりがひどいため、トラブルにならないよう、十分に気をつけましょう。


注意が必要なトラブル
  • 歯周病になりやすい=妊娠性歯肉炎

  • 口臭が発生しやすくなる

  • むし歯になりやすい

  • 口内炎になりやすい

  • 親知らず(智歯周囲炎)

お子さんのために大切な9つのポイント

ママさん自身の口の中を、虫歯、歯周病のない、きれいな状態を維持する。

歯がある程度生えてから、特に1歳半から3歳までの期間に感染することが多いと言われています。

妊娠安定期(5か月から8か月)に虫歯治療を行う。

妊娠中でも出来たら定期的に予防のケアを行う。

つわりがひどい時は、食後のうがいだけでもしたほうが良いです。

妊娠中でも必要な栄養素は、バランスよく摂りましょう。

お子さんが1歳半から3歳の間は、特に感染しないように注意する。

お子さんのためにお菓子ではなく、キシリトールなどを与えることによって虫歯予防を行う。

お子さんの仕上げ磨きをしっかりと行う。

私たちは地域の皆さんのお口の健康をサポートいたします。お気軽にご予約・お問い合わせください。

043-496-0007

初診WEB予約

【診療時間】 平日9:30-13:00 14:00-18:00 土曜 9:30-13:00 14:00-16:30 まで 【休診日】日曜・祝日 駐車場22台